RIZAP GOLF [ ライザップ ゴルフ ] では完全個室・マンツーマン指導・オンラインサポートを実現。結果にコミットするゴルフスクール。

ライザップコラムRIZAP Column

一覧に戻る

バンカー蟻地獄脱出の強い味方、サンドウェッジって?

バンカー蟻地獄脱出の強い味方、サンドウェッジって?

サンドウェッジってどんなクラブ?

ゴルファーであれば誰でも、バンカーにつかまって抜け出せず、脱出するのに四苦八苦したという経験をお持ちでしょう。

ショットの正確性を磨き、バンカーにはまらないことが一番ですが、それでも、特にビギナーであればバンカーの蟻地獄に苦しむことは多いかもしれません。そんなバンカー脱出の際に頼りになる存在が、サンドウェッジ(SW)です。

ウェッジは、距離の短いショートゲームやアプローチで使用するクラブです。サンドウェッジは文字通り、サンド(砂)の上からのショットに特化して設計されたクラブとなります。フェイスが上を向いていてロフトの角度が大きく、高く上がるボールやバックスピンで止まるボールを打つことができます。この特性が、バンカーや深いラフからの脱出に役立つわけです。

またサンドウェッジはロフト角度が大きいこと以外に、外見的な特徴としてリーディングエッジ(フェイスのいちばん下の部分)よりもソールの後ろ側(フェース裏)に、“バウンス”(出っ張り)があります。このバウンスがあることで、バンカーショットの際にクラブが砂や草にめり込むことを防いでくれます。クラブによってこのバウンスの角度に違いがあり、クラブ選択の際の目安となります。

サンドウェッジの打ち方のコツは?

バンカーで何度も叩いてしまう悪夢から逃れるためにも、サンドウェッジの正しい打ち方は、ぜひ身につけておきたいものです。

バンカーショットでは、アドレスは両足を揃えたややオープンスタンスで、体重は左足に多めにかけます。膝をやや折り、重心を低くすることで、砂上でのスイングを安定させます。フェイスを開き(=上に向け)、グリップは緩めで構えましょう。基本的にボールの位置はスタンスの左寄りに置き、ハンドファーストを意識し、体重移動は最小限に抑えスイングします。

クラブの振り幅は左右対称にし、コンパクトなスイングを心がけます。バックスイングの際にグリップした左手が手の甲側に折れる、いわゆる“コック”を効果的に使うことで、フルスイングをせずとも勢いのあるショットをすることが可能になります。

ショットはボールの数センチ手前を狙い、直接ボールは打ちません。砂を打つことで意図的にダフリ、砂と一緒にボールを運ぶイメージのショットとなります。これは厳密には単なるダフリではなく、砂を“爆発させる”、いわゆるエクスプロージョンショットと呼ばれるテクニックです。先に述べたように、サンドウェッジにはバウンスがあるため、このようなショットができるのです。

サンドウェッジの、かしこい選び方は?

ゴルフクラブのフルセットは14本ですが、ビギナーであれば7本程度で十分です。その中でサンドウェッジは、バンカーにつかまりやすい人にとってはぜひとも用意したいクラブでしょう。

サンドウェッジを選ぶにあたっては、ロフト角とバウンス角の2つが大きなポイントとなります。

もともとサンドウェッジはロフト角が大きく設定されているクラブですが、それでもクラブによってその角度は50〜60度程度のヴァリエーションがあります。ロフト角が大きいほどボールを浮かせて止めるピッチショット(ロブショット)を打ちやすくなりますが、反面ロフト角が大きすぎるとボールを確実に捉えることが難しくなります。一般的には、56〜58度くらいの範囲で選ぶことが多いようです。またウェッジタイプの他のクラブ、ピッチングウェッジ(PW)などのロフト角との兼ね合いも考えて選択しましょう。

バウンス角も、その角度には8〜16度くらいの幅があります。角度が大きすぎる場合にはバウンスが邪魔してショットが打ちにくくなり、反対に小さすぎるとヘッドが砂につかまりボールが出にくくなります。一般的にバウンス角12度以上をハイバウンス、8度前後以下をローバウンスと呼びますが、ダフリがちな人はハイバウンスを、バンカーでショットが砂に跳ね返されてしまうことの多い人はローバウンスがしっくりくることが多いようです。ビギナーにはハイバウンスが無難な選択かもしれません。

クラブの重さに関しては、ビギナーは少し重めの方がスイングが安定するという意見が多いようです。同じくヘッドも、多少大き目の方がショットがしやすいでしょう。ただし、いずれもクラブ自体の操作性は落ちますから、スイングのフィーリングやフィット感を重視したい場合は注意が必要です。

ソール幅は、広い方がダフリにくくなり、ボールをバンカーから出すことが容易になります。テクニックがあり、ショットの高低を打ち分けたり、フェイスの開きの調整を細かく行いたい場合にはソールは広くない方がコントロールしやすくなります。

バンカーでの大叩きはスコアメイクの上で大きなロスにつながります。またサンドウェッジはバンカーだけでなく、深いラフからのアプローチなどにも使えますので、使いこなせれば大きなアドバンテージとなるでしょう。
サンドウェッジの練習法やクラブの選び方に不安があるようでしたら、ライザップゴルフなどのゴルフスクールでしっかり学ぶのもオススメです。


一覧に戻る

私達には自信があります。
満足できなかったら 30日間 全額返金保証

万が一ご満足いただけない場合、費用を全額返金いたします。

ただし、ライザップ ゴルフにて販売する物品は対象外となります。

全額返金後は、退会したものとみなし以降はクラブの諸施設が一切使用できなくなります。

詳しくは当スタジオ会則をご覧ください。

初級者から上級者まで、
多彩なプランをご用意しています。
お得な入会特典多数!
プラン・料金案内