RIZAP GOLF [ ライザップ ゴルフ ] では完全個室・マンツーマン指導・オンラインサポートを実現。結果にコミットするゴルフスクール。

ライザップコラムRIZAP Column

一覧に戻る

すべてのスイングの基本となる、グリップの重要性って?

すべてのスイングの基本となる、グリップの重要性って?

ビギナーには、
インターロッキンググリップがおすすめ

ゴルフのフォーム作りの際に、スイングのかたちやヘッドスピード、あるいはインパクトを気にする人は多いことでしょう。ですが、クラブのグリップ(握り)に注意を払う人は少ないかもしれません。

しかしながら、実はグリップはあらゆるスイングの基礎となる、基本中の基本です。しっかりとしたグリップ無くして、決して正しいスイングは実現できません。

グリップはプレーヤーとクラブを結ぶ唯一の接点であり、クラブコントロールの要となる部分です。自分のフィーリングにマッチしたグリップを身につければ、飛距離やスコアアップに直結した安定したスイングための、心強い土台となります。

グリップを選ぶ際には、筋力、指の長短、指のフィット感の3つが主なポイントとなります。これらに即して、グリップには大きく分けてオーバーラッピング、インターロッキング、テンフィンガー(ベースボール)の3種類があります。それぞれの握り方と、その特徴を見てみましょう。

もっともオーソドックスなグリップであるオーバーラッピンググリップは、右手の小指を左手の人差し指に乗せるかたちで握ります。利き手である右腕の力がクラブに伝わりにくく、基本である左手主導のスイングをしやすくなります。ただし、ある程度の握力や手首の力がないと、フェイスを返しにくくなることが欠点となります。

インターロッキンググリップは、方向性に優れた握りです。左手の人差し指を右手の小指と薬指の間に挟み込むかたちで握ります。右手の小指と左手人差し指を絡めるイメージですね。左右の手が一体となりグリップが安定するため、クラブのすっぽ抜けなども防いでくれます。デメリットは、強く握りすぎると小指を痛めてしまうことです。

テンフィンガーグリップは別名ベースボールグリップともいい、比較的飛距離が出しやすいとされる握り方です。ベースボールグリップの名の通り、野球のバットと同じ握りのため、馴染みやすい人も多いようです。手首の力がなくてもフェイスを返しやすく、女性や左利きの人にもおすすめです。ただし、あまり一般的ではないので、見本となるプレイヤーを見つけにくいことがデメリットでしょうか。

どのグリップも、左手の中指・薬指・小指をしっかりと握り、そのほかの人差指・親指は添える程度にすることが基本となります。

もっとも一般的なのはオーバーラッピンググリップですが、ビギナーであれば左右の手の一体感を得やすいインターロッキンググリップがおすすめとなります。ただし、ビギナー用のグリップと決して侮るなかれ。ビギナー時代にインターロッキンググリップを覚え、プロになっても愛用しているという人は多いですし、全盛期の超人的な活躍も記憶に鮮やかな、かのタイガー・ウッズもまたインターロッキングを採用していることで知られています。

いずれにしても、上記のグリップを入念に試し、もっともしっくりとくる握り方を採用することが重要です。


グリップの向きによる、3つの握りを試してみよう

また、グリップの向きによる違いもあります。基本となるのは、スクウェアグリップ、ストロンググリップ(フックグリップ)、ウィークグリップ(スライスグリップ)の3つです。

スクウェアグリップは、左手の甲と右手の手の平が飛球線の方向を向くように握ります。正面から見下ろした時に、両手がほぼ均等に見え、左手のナックル(拳にできる、指の付け根のふくらみ)が2〜3個確認できます。ストレートなボールが打ちやすい、もっとも基本的な握りとなります。

ストロンググリップは、左手のナックルがすべて見えるくらいに深く握るグリップです。インパクトでフェイスが返りやすく、ロフト角が減じて飛距離を稼げる可能性があります。スライスで悩んでいる人にもおすすめのグリップとなります。

ウィークグリップはストロンググリップよりも少し、右手をかぶせるように握ります。インパクトでフェイスが開きやすくなり、フックのミスをしがちな人に向いています。

これらの他に、バタフライグリップと呼ばれる握りもあります。握りを広げると、指が広がり蝶のように見えることからこの名があります。左手は手の平を中心に深めに握り(パームグリップ)、右手は指を中心に浅めに握る(フィンガーグリップ)ため、クラブをスムーズに動かすことができます。ダウンスイング時にクラブが寝てしまう場合や、フックの傾向のある人に向いたグリップです。


グリップは一生ものの、頼りになる味方

最後に、グリップの長さによる違いもチェックしておきましょう。

一般的に、グリップを長く握ると飛距離が出やすく、短めの握りはボールコントロールがしやすくなります。できるだけクラブを長く持って飛距離を出したいと願う気持ちはわかりますが、グリップは必ずしも長ければいいとは限りません。先ほど名前を出したタイガー・ウッズも、実はクラブを短く持つプロとして知られています。

特に、方向性や距離感などボールの精緻なコントロールが要求されるアプローチや、深めのラフ、つま先上がりの打ち上げコースなどではグリップは拳1つ分短く持ち、着実なショットを心がけましょう。

この他、クラブのグリップ部分の太さや素材、滑り止めのパターンなども、フィット感を得るためには重要な要素となります。

グリップはいちど馴染んでしまえば、スイングのようにぶれることが少なく、スコアメイキングの心強い味方となってくれます。グリップの選択に際してはユーザーの腑に落ちる、親身の指導が受けられるライザップゴルフがおすすめです。


一覧に戻る

私達には自信があります。
満足できなかったら 30日間 全額返金保証

万が一ご満足いただけない場合、費用を全額返金いたします。

ただし、ライザップ ゴルフにて販売する物品は対象外となります。

全額返金後は、退会したものとみなし以降はクラブの諸施設が一切使用できなくなります。

詳しくは当スタジオ会則をご覧ください。

初級者から上級者まで、
多彩なプランをご用意しています。
お得な入会特典多数!
プラン・料金案内