RIZAP GOLF [ ライザップ ゴルフ ] では完全個室・マンツーマン指導・オンラインサポートを実現。結果にコミットするゴルフスクール。

ライザップコラムRIZAP Column

一覧に戻る

クラブを選ぶ際は、シャフトの性格がとても重要です

クラブを選ぶ際は、シャフトの性格がとても重要です

シャフトの硬さは、
ヘッドスピードに応じて選択

ゴルフクラブを選ぶにあたっては、ドライバーやアンアンなどの種類や番手、あるいはパターのヘッドの形状などに気を取られ、シャフトを詳細にチェックしない人もいるかもしれません。ですが、実はシャフトはクラブの個性や性能などを特徴づける、とても重要な要素となります。

シャフトは素材や重量、形状などによってさまざまなヴァリエーションがありますが、特に硬さと重さに関しては注意を払う必要があります。

シャフトには、ヘッドスピードに応じて"フレックス(硬さ)"が設定されています。一般に、フレックスの表記はJ→ L→A→R→SR→S→X→XXの順に硬くなり、XXがもっとも硬い設定となっています。ヘッドスピードが速い人(=ヘッドを速く振れる人)であれば、SやXなどの硬いシャフトが適しており、逆にヘッドスピードが遅い人は比較的柔らかいシャフトを選ぶことが一般的です。

仮に、ヘッドスピードが速い人が柔らかいシャフトを選んでしまうと、シャフトがしなり過ぎてパワーのロスが生じたり、方向性の精度が落ちるということになりかねません。また、スイングの遅い人が硬いシャフトを使用すると、しなりの戻りが足りず、こちらも飛距離が出ないという結果になりがちです。

ビギナーであれば、自身のヘッドスピードを測定した上で、メーカーが設定しているフレックスを参考に、自分に適したシャフトを選択することになります。実はメーカーによってフレックス表記は若干異なるのですが、一般的なゴルファーの場合は、ヘッドスピード35m/sから45m/s程度をカヴァーする、標準的な硬さであるR(レギュラー)で問題ないはずです。

大柄でパワーがある、スイングの速さに自信がある人であれば、やや硬めのシャフトが向いているかもしれません。女性であれば、柔らかめのL(レディース)も視野に入るでしょう。いずれにせよ、実際にスイングした時の感触を確かめ、しっくりくるものを選ぶようにしましょう。

また、ヘッドスピードとは別に、スイングのテンポによってもフレックスの向き不向きは分かれます。通常は、スイングのテンポがゆったりとしている人には柔らかめのシャフトが、速めの人には硬めのシャフトが向いていると言われています。


軽すぎるシャフトにはご用心

シャフトの重さもまた、ヘッドスピードとの関係で選びます。

ヘッドスピードが速い人は重めのシャフトを、遅い人は軽いシャフトを選択することが一般的です。パワーがあり、ヘッドスピードが速い人が軽いシャフトを使用すると、手打ちになってしまいがちです。反対にパワー不足の人が重いシャフトを振ってしまうと、振り切ることが難しくなります。

ただし、軽いシャフトは確かに振りやすくヘッドスピードも上がるのですが、それに慣れてしまうとパワーのないスイングになってしまい、あまり飛距離が伸びないということにもなりかねません。また、軽いシャフトはスイング軌道が不安定になりがちですので、特にスイングがまだ安定していないビギナーであれば、振り切れる範囲の中で、少し重く感じるシャフトを選んだ方がいいでしょう。


シャフトの選択では、多様な要素を詳細に検討

シャフトにはこのほか、長さや重量配分(バランス・ポイント)、調子(キック・ポイント)、ねじれ方向の硬さの指標となるトルクなど、多くのチェックポイントが存在します。素材がカーボン(グラファイト)であるかスチールであるかも、好みが分かれるところかもしれません。

シャフトの選択にあたっては、これらの要素がうまく自身に噛み合うものを見つけることが重要です。ライザップゴルフではヘッドスピードの測定を始め、シャフト選択の無料の診断も可能です。


一覧に戻る

私達には自信があります。
満足できなかったら 30日間 全額返金保証

万が一ご満足いただけない場合、費用を全額返金いたします。

ただし、ライザップ ゴルフにて販売する物品は対象外となります。

全額返金後は、退会したものとみなし以降はクラブの諸施設が一切使用できなくなります。

詳しくは当スタジオ会則をご覧ください。

初級者から上級者まで、
多彩なプランをご用意しています。
お得な入会特典多数!
プラン・料金案内