RIZAP GOLF [ ライザップ ゴルフ ] では完全個室・マンツーマン指導・オンラインサポートを実現。結果にコミットするゴルフスクール。

ライザップコラムRIZAP Column

一覧に戻る

ゴルファー必見、女子向けの練習法って?

ゴルファー必見、女子向けの練習法って?

実はゴルフは女性向きのスポーツ?

近年、ゴルフ人口の総数は減少傾向にありますが、その一方でゴルフを楽しむ女性の数は増えているようです。最近では「ゴルフ女子」なる言葉も生まれ、ゴルフスクールや練習場でも、カラフルなウエアに身を包んだ女性ゴルファーの姿を見かけることは珍しくなくなりました。

男性に比べて筋力が少ない一方で、女性は柔軟性に富み、しなやかな体の動きが可能です。女性ゴルファーの練習方法としては、女性ならではの柔らかな体を活かしたものであることが効率的です。今回は、女性ならではの特性を押さえた練習方法を考えましょう。

女性に必要なスイングは、スピードよりミート率

そもそもゴルフはターゲット・ゲーム、つまり各ホールのカップに少ない打数でボールを入れるスポーツです。豪速球を投げたり特大ホームランを打ったりすることが賞賛される野球とは違い、ダーツなどと同様に飛距離よりも正確性や確実性の高いショットが求められます。この意味でゴルフは、繊細で緻密な女性向きのスポーツと言えるかもしれません。

まずは正しいフォームを身につけ、スイングの早さよりもミート率を高めることを徹底しましょう。男性にありがちな力任せではない、しなやかな体の動きが無理のないスイングを生みます。スピードを意識することなく、リラックスしたスイングをすることで、クラブのヘッドが芯に近いところでボールを捉えることができ、ミート率が向上します。ボールを確実にミートした上で、女性特有の柔らかな体を活かしたバネと回転で力をうまくボールに伝えることで、ボールの初速を高めることにも繋がります。

スイングで女性が陥りやすいポイントはいくつかありますが、ここでは2つ指摘したいと思います。まず、女性は握力不足のためグリップが安定しないことが多いこと。対策としては、力がなくてもグリップがズレないインターロッキンググリップがおすすめです。右手の小指と左手の人差し指を絡めることで、手が小さく力のない女性でもしっかり握れます。

さらに体が柔軟で筋力が少ない女性は、スイングのトップが大きくなりすぎて、体重が右足にかかりやすくなる傾向があります。正しいポジションでは、イメージよりもかなりコンパクトな感覚となるかもしれません。自撮りの動画などで確認しつつ、フォームを固めていきましょう。体重移動をうまく行い、自然なスイングを自分のものにすることを心がけます。

女性にとってゴルフは、さまざまな魅力が詰まった宝石箱

ゴルフにとって飛距離は、必ずしも重要でないことは先ほども触れました。しかしながら、筋力や体重があまりにも不足している女性の場合には、必要最低限の飛距離も確保できないこともあるかもしれません。そんな時には、筋力や体幹を鍛えるウェイトトレーニングなども有効です。体の軸がしっかりすることでスイングの安定性も増しますし、筋力の増加は飛距離アップに役立ちます。

そのほか、ロフトや長さなど自分の体格や骨格にフィットしたクラブを選択することも重要です。また女性向けのクラブは軽く作られていることが多いのですが、ビギナーが飛距離を求めるのなら、ある程度の重さを備えたクラブの方がスイングが安定し、飛距離が出やすくなります。

文中でも述べた通り、老若男女が楽しめるゴルフは特に女性に向いたスポーツかもしれません。あくまでも印象論にはなりますが、独善的で独りよがりになりがちな男性は、我流のフォームに固まりやすい傾向があるのに比べ、真面目で指導を素直に受け入れる女性の方が、より早く上達する可能性もあります。

その他、ウォーキングの実践やダイエット効果、プレイ後の気の合った仲間とのグルメや温泉などレクリエーション的な要素やゴルフファッションなど、女子ならではの楽しみ方も満載です。
よりゴルフを楽しむためには、女性会員も多く学びやすい環境の整った「ライザップゴルフ」などのゴルフスクールで、親切で丁寧なレッスンを受けることもおすすめです。


一覧に戻る

私達には自信があります。
満足できなかったら 30日間 全額返金保証

万が一ご満足いただけない場合、費用を全額返金いたします。

ただし、ライザップ ゴルフにて販売する物品は対象外となります。

全額返金後は、退会したものとみなし以降はクラブの諸施設が一切使用できなくなります。

詳しくは当スタジオ会則をご覧ください。

初級者から上級者まで、
多彩なプランをご用意しています。
お得な入会特典多数!
プラン・料金案内